ベビー服の種類と選び方

ベビー服の種類と選び方

ベビー服には、肌着やウェアなど様々な種類があります。例えば、新生児用の服には、短肌着、長肌着、コンビ肌着などの肌着に加え、ベビードレスやボディスーツ、ロンパースなどがあります。

■短肌着
0〜3ヶ月くらいまでの赤ちゃんが着る肌着で、着丈が腰くらいまでの丈が短いものです。
季節を問わず使えるため、5〜7枚くらい用意しておくのが一般的です。また、直接、赤ちゃんの肌に触れるものですから、肌触りや通気性などに優れているものを選びましょう。

■長肌着
0〜3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの短肌着の上に着せる肌着で、長めなので足まですっぽり包んでくれます。
春先や秋口には、短肌着+長肌着の組み合わせが良いでしょう。足をよく動かす3ヶ月くらいになると、はだけるようになるため、コンビ肌着で代用する人も多いようです。
最初は、1〜2枚程度用意しておき、少ないようであれば買い足します。

■コンビ肌着
0〜6ヶ月くらいの赤ちゃんが着る肌着で、長肌着と同様に短肌着の上に着せます。1枚で着せてもOKです。
月齢が低い内は長肌着を、3ヶ月くらいになって足をバタバタ動かすようになったら、コンビ肌着を着せる形でもいいでしょう。
好みや使い勝手もあるため、長肌着と同様、始めは1〜2枚程度用意しておき、必要に応じて買い足す形で十分でしょう。

■ボディスーツ・ボディ肌着
ボディスーツは股下部分をスナップで留める肌着で、0〜24ヶ月くらいまでの長い期間で使えます。
コンビ肌着同様、赤ちゃんが活発に動いても動きを妨げませんし、スナップで留めるため、おなかが出てしまう心配もないです。季節によって1枚で過ごしたり、他の肌着のように上にベビー服を着せたりしても良いです。
月齢が低い内は、2〜3枚程度用意しておき、赤ちゃんの成長に応じてサイズを変えて買うと良いでしょう。


 

サイトマップ