マタニティウエアの選び方

マタニティウエアの選び方

■ワンピース
ワンピースは、あらゆるシーンに対応することが出来ますし、袖口にフリルがあると、大きくなったお腹とのバランスを美しく保つことが出来ます。
特に、無地のワンピースが1枚あると本当に便利です。選ぶにあたっては、ストレッチが効いていて着心地が良いか、手首やデコルテなど、妊娠してもサイズが変わらない部分を上手に出しているかなどに注意し、前身頃が数センチ長いものを選びましょう。
普段着るようなワンピースは、臨月になると前身頃がずり上がってきてしまいますが、優秀なマタニティウエアは、前身頃が長くなっているために、臨月でも裾が上に上がることはありません。
また、授乳にも使えるよう胸元がV開きになっており、洗濯機で洗えてアイロンもいらないのが、ママに優しいマタニティウエアと言えます。
無地でも黒だと、アクセサリー次第で妊娠中の冠婚葬祭からオフィス、プライベート、検診などの外出にも対応できますので、1枚は持っておきたいところです。

■ボトムス
妊婦さんの中には、ギリギリまでボトムスを買わず、ボタンを留めず、チャックも開けたままでデニムを履いている方がいますが、それではもったいないです。
妊娠初期からでもマタニティボトムスは履けますし、産後の体型が戻らない期間でも重宝しますので、妊娠初期に購入してずっと履いたほうが、妊娠後期になってあわてて高いボトムスを買うよりも経済的です。
また、美脚効果の高いボトムスも出ておりますので、より美しく体型を見せるためにも、ジャストフィットするボトムスを選ぶことは重要です。

■デニムとガウチョ
最低限、デニムとガウチョの2本があれば妊娠期間は乗り切れます。デニムはストレートタイプなら、夏は何回か折り上げてクロップトパンツ風にし、冬はロングデニムとしてストレートに履けば、春夏秋冬履きこなせます。
お腹を優しくカバーするガウチョも、夏はサンダルと、冬はブーツと合わせればどこでOKですし、妊婦さんらしい華やかなワンピースやチュニック、ロングドレスなども良いでしょう。

いずれにしても、妊婦さんは「隠す」のではなく、その幸せたっぷりな美しい体型を魅力的に見せる時代なのです。


 

サイトマップ