「遠くても安心プラン」 は、月額2,980円で離れて暮らす高齢者&家族の見守り

「遠くても安心プラン」で離れて暮らす高齢者&家族を見守る!!

離れて暮らしている高齢な親の様子が心配だ

下宿住まいの子供の暮らしぶりが心配だ

日中、自宅で留守番している子供の様子が気がかりだ

でも、いま流行りの見守りカメラを設置するのは、プライバシーの問題もあるし、なによりも、当の本人達が嫌がるだろうし・・・・・・・

こんな離れている家族の暮らしぶりを見守るための新しいサービスが、東京電力エナジーパートナー(TEPCO)提供の「遠くても安心プラン」です。



これは、カメラを設置することなく、毎日の 電気使用状況から暮らしぶりを見守るものです。

「見守る側」は、スマートフォンで確認できるので、場所を選ばずいつでもどこでも、離れて暮らす家族を見守ることができます。

「見守られる側」は、分電盤に機器(センサー)を設置するだけなので、プライバシーが守られ、普段通りに生活するだけなので負担になりませんし、お互い、気兼ねをする必要はありません

機器の工事は、設置業者により分電盤に約8cm「エネルギーセンサー」を取り付けるだけで完了します。設置工事は約1時間ほどで終わり、機器の操作や持ち歩きは必要はありません

設置宅の可能エリアは、日本全国(沖縄・離島を除く)で契約電気会社の制限もありませんので、東京電力の電力サービスを利用していない方でも利用することができます

一つのセンサーを取り付けるだけで、エアコン、炊飯器、電子レンジ、ヒーター・ドライヤー・ケトルなどの高熱家電、掃除機、洗濯機、テレビ、IHクッキングヒーターなど、計8個家電の使用を計測・記録することができます。

お知らせは、スマートフォンだけでなくスマートスピーカーにも対応しています。

月額料金は、 2,980円ですが、今なら、3ヶ月間無料キャンペーンを実施中です。

「遠くても安心プラン」のサービス内容

 スマートフォンから確認できる情報

 家電の使用状況から、今の様子をスマートフォンにお知らせ

 過去の情報まで遡ることができるため、いつどんな家電を使用したのかがわかる

 1日の様子をわかりやすく表示する「毎日レポート」があり、異変を察知することも可能

 レポートは1週間の家電使用状況をまとめて表示することができるため、1週間の生活リズムを把握することが出来る。

 アラートメールの送信

家電の長時間使用時深夜利用時、あるいは、熱中症の恐れのある時など、家電の使用状況がいつもと違う場合などはアラートメールが送信されて確認を促します。

また、その地域の天気予報もお知らせしてくれるので、災害の危険がある時には、避難するよう事前に連絡することも可能です。

 訪問確認サービス

心配な時は、訪問での確認を依頼することができるサービスで、玄関口、インターホンまでの訪問確認となります。

インターホンに反応がない場合は、建物外周、窓の開閉、照明の点灯などを確認します。

年2回まで 無料で利用できます。

年3回目以降は、 13,000円/1回で利用できます。

 最大5名で見守ることが可能

契約者を含め、最大 5名まで見守る人を増やせるので、兄弟親戚ヘルパーなども利用することができますので、契約者本人が対応できない時でも安心です。

「遠くても安心プラン」のメリット

 異変があった時だけではなく、家電の使用状況で毎日の暮らしぶりが具体的にわかるのため、普段からちゃんと自活できているかが把握でき、安心感があります。

 カメラが不要なので、「見守られる側」プライバシーが守られ、普段通りに生活するだけで負担にならない

 「見守る側」はスマートフォンで好きな時に様子を確認でき、いつもと様子が違う時にはメールで知らせてくれるので負担が少なくなります。

 1日100円程度の費用で、わざわざ遠方まで状況を見に行く回数を減らせたり、普段の生活状況が把握できます。

 熱中症などの心配があると、アラートメールが来るので、事前に、エアコンをつけるように連絡することができるようになります。

 家族・兄弟・親戚と一緒に高齢の親を見守ることができるし、コミュニケーションのきっかけにもなります。




家族を電気の使用状況で見守る【遠くても安心プラン】

詳細・ご購入は↓  ↓  ↓







アクセスカウンター


 

サイトマップ